保険薬局等,クレジットカード,ポイントの付与変更どうなる? - クレジットカードで得しよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

保険薬局等,クレジットカード,ポイントの付与変更どうなる?

保険薬局等におけるポイント付与

平成24年4月1日以降は、ポイント付与を認めない

ただしクレジットカードや電子マネー利用での
ポイントまでは制限しないようです。

以下参照


1.現状
○ 一部の保険薬局において、保険調剤に係る患者の一部負担金の支払に応
じて、ポイントを付与する事例が散見されるようになった。

○ 厚生労働省としては、こうした事態に対応するため、平成23年1月
19日付で、
・ 健康保険法等においては、いわゆるポイントの提供や使用自体を規
制する規定はないが、ポイントの提供や使用が一部負担金の減額に当た
る場合があれば、これらの規定に違反する。
・ 患者が保険薬局等を選択するに当たっては、保険調剤等に係るポイ
ントの提供やそれを強調した広告といった経済的付加価値によらず、薬
担規則に基づき、保険薬局等が懇切丁寧に保険調剤等を担当し、保険薬
剤師等が調剤、薬学的管理及び服薬指導の質を高めること等によりなさ
れるべきである。
旨の通知を発出したところ。
○ 一方で、現時点においても、ポイントの付与やその広告は継続されてお
り、先般の中医協においても、これを問題視する御指摘があったところ。


2.今後の対応方針
(1)調剤薬局等におけるポイントの提供についての考え方
○ 保険調剤においては、調剤料や薬価が中医協における議論を経て公定
されており、これについて、ポイントのような付加価値を薬局が独自に
付与することは、医療保険制度上、ふさわしくないのではないか。
○ 患者が保険薬局を選択するに当たっては、保険薬局等が懇切丁寧に保
険調剤等を担当し、保険薬剤師等が調剤、薬学的管理及び服薬指導の質
を高めることが本旨であり、適切な健康保険事業の運営の観点から、ポ
イントの提供等によるべきではないのではないか。
○ こうした考え方は保険医療機関も同様ではないか
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。